• 投稿 2019/09/02
  • 不倫
【不倫略奪愛の末路】略奪には成功したが、結婚できなかった本当の話

こんにちは、大人の女性のための恋愛コーチ「NAO」です。

 

不倫の恋をし始めた頃は日陰の女でいい、
と思っていたのに、段々と独占欲が出てきて、

 

「彼と結婚できたらいいな」
と将来を考えてしまうことがあると思います。

 

不倫の恋とはいえ、独身女性側からすると
普通の恋愛とあまり大きな違いはないですよね。

 

相手の事が好きだから、これからも一緒にいたい。
自然な感情だと思います。

 

不倫の関係であっても、本当に心からお互いを
大切に想っている男女も確かにいますので、
そういう方々は幸せになって欲しいな、と思います。

 

ですが一方で、

 

あの手この手を使って既婚の彼を略奪することに躍起になり、
一時的には略奪愛に成功したものの、
結局誰も幸せにならなかったケースも存在します。

 

 

今日は、私が実際に知っている「不倫の略奪愛の末路」を
書いていきたいと思います。

 

もし、あなたが既婚の彼との結婚を考えているなら
突き進むにせよ、止めるにせよ、
自分なりに考える参考にしていただけると幸いです。

 

 

不倫の略奪婚が成功する確率

 

 

このブログ内でも何度か書いているので、
「知ってるよ」という方はここは飛ばして、
次の項目へどうぞ。

 

知らない方は、不倫が成就(不倫から結婚)する割合は
どのくらいだと思いますか?

 

不倫成就の割合は「1割以下」と言われています。

 

これを、確率が高いととるか、低いととるかは
意見の別れるところかと思います。

 

しかしながら一般的に、30代男性の結婚確率が約40%、
30代女性で約25%ということを考慮すると、
やはりかなり厳しいと言わざるを得ません。

 

 

男性側にはそう簡単に今の家族と離れて
あなたと再婚できない理由があります。

 

過去に以下の記事を書いているので参考にどうぞ。


 

既婚男性が持つ様々なハードルをクリアしないと、
不倫成就は達成できない、というのが現実です。

 

 

【不倫の略奪婚は可能】略奪婚の方法

 

 

先程とはちょっと矛盾したことを言います(笑)。

 

確かに不倫成就の割合は1割以下ですが、
男性心理をよく理解して、あの手この手を使えば、
成就することは結構できると思っています。

 

参考にどうぞ。


 

いわゆる「一夜限りの関係」ではなく、
関係が継続する不倫をしている時点で、
既婚の彼は家庭に対して物足りなさや不満を抱いているわけです。

 

決して家庭では得られないであろう満足感を、
あの手この手を使って彼に与える。

 

そして、彼を恋する乙女にさせることができたなら、
彼を手に入れることは可能でしょう。

 

 

ですが、私は不倫成就を願う多くの女性が
ここで大きく見落としていることがあると思っています。

 

私がそう思うきっかけとなった、

 

「不倫の恋から略奪愛に成功したにも関わらず、
略奪婚には至らなかったケース」

 

を、ここで書きたいと思います。

 

 

【実話】不倫略奪愛に成功したが、略奪婚に至らなかったケース

 

既婚男性Aさんには、奥様と小さなお子さんが2人いました。
とても子煩悩な男性で、マイホームも購入し、
周囲からは順風満帆な家庭に見えていました。

 

もともと、少し女癖の悪い傾向のあったAさんでしたが、
いつもは火遊び程度で済んでいました。

 

ですが、奥様が小さな子ども2人の育児にかかりきりになり、
夜の生活も途絶え、夫婦喧嘩が耐えなくなった頃、

 

転職した先の、職場の独身女性と不倫関係に陥ります。

 

 

略奪に成功し、同棲にこぎつける

 

 

ほどなくして、Aさんの奥さんは
Aさんの行動が怪しいと感じ始めます。

 

ですが、いつもの火遊びが少し長引いているのだろうと、
無視を決め込んでいました。

 

それをいいことに、Aさんの行動はエスカレート。
夜帰るのが遅くなり・・・朝帰りが増え・・・

 

さすがの奥様も堪忍袋の緒が切れて、
Aさんを問い正しました。

 

 

そこでAさんが奥様に放った言葉がこちら。

 

  • 子育てにかかりきりで家に自分の居場所がない
  • 夜の生活がほとんどない
  • 妻に女の魅力を感じない

 

  • 今の彼女は話を聞いてくれる
  • 自分との体の関係を拒否しない
  • 身だしなみも仕事もきちんとしていて
    女性として魅力的である

 

そして結論・・・

 

俺が不倫をしたのは、育児にかかりっきりで
女性としての魅力がなくなったお前のせいだ」

 

 

正直、「未熟でアホでしょーもない男」と思いますけどね。
こういう男性は。

 

不倫相手の独身女性も、Aさんを何度も朝帰りさせるなど、
相手の家庭のことはおかまいなしでした。

 

この様子から、独身女性はAさんの家族に対し、
かなり対抗的なことがわかります。

 

結局Aさんは、奥様との話し合いには応じず、
独身女性の家に転がりこみ、
そのまま同棲を始めてしまいます。

 

 

独身女性からすると、略奪愛に成功したわけです。

 

 

離婚が成立するも、同棲解消

 

 

Aさんが家を出て行ってからは、
奥様は、それはそれは大変でした。

 

一人で子育てと仕事を両立させながらも、
子どもの親権を渡さないと言い出すAさんを相手に、
弁護士を通じて2年間ほど揉めに揉めました。

 

この間、独身女性はAさんを信じて
ずっと待っていたと思います。

 

ですが、Aさんは元々子煩悩で家族思いの男性です。

 

離婚して初めて、自分がどれほど大きなものを
失ったかに気づいたそうです。

 

そして、もうその頃には、恋する乙女状態から
目が覚め始めていました。

 

結局Aさんは、離婚は成立したものの、
独身女性と結婚するどころか、同棲自体も解消します。

 

そして、奥様に「やり直したい」と
何度も何度も復縁を懇願することになりました。

 

 

不倫略奪愛の末路

 

 

結局、この不倫略奪愛の末路はどうなったかというと・・・

 

  • 独身女性

奥様が会社に訴え、会社を追われるとともに、
百万単位の慰謝料を支払うことに。

 

  • Aさん

同じく、会社にはいられなくなり退職。
家族とやり直すことも叶わず後悔の日々。
大好きな子どもとも月1~2回しか会えず。

 

  • Aさんの奥様

シングルマザーとして2人の子育てと仕事を両立。
経済的な面での不安を抱えながらも日々奮闘。

 

 

こういう言い方をすると反感を買うかもしれませんが、
パートナーが浮気や不倫に走った時、不倫をした側の
罪が重いのは言うまでもないですが、

 

では、された側に全く非がなかったかといえば、
そうではないと思います。

 

奥様側にも、反省したり何かを改善する余地は
あったと思います。

 

それでも、一時の燃え上がるような不倫の恋に
突っ走ってしまったせいで・・・

 

誰かが幸せになるどころか、
3者ともが不幸な結果に終わってしまいました。

 

何より、子どもから父親を奪ってしまった事実は
消すことができません。

 

 

不倫成就を願う気持ちは自然なことですし、
それ自体を否定する気はさらさらありません。

 

それでも、ひとつの家庭を壊してしまう可能性があります。

 

不倫の恋を成就させたいと願うのであれば、
以下の点を見落とさないで欲しいです。

 

 

略奪婚しても幸せになれる相手かどうか見極める

 

 

手に入らないものを手に入れたい。

 

その時、人間はビックリするくらい力を発揮します。

 

既婚の彼が奥様より自分を愛するように仕向けたい。

 

そのために並々ならぬ努力をし、自分を磨かれることでしょう。

 

ですが、あの手この手を使わないと落とせない関係性で、
その先も彼と幸せにやっていけるとは、私は思いません。

 

既婚の彼を手に入れることはゴールではなく、
それは単なるスタートラインに立ったにすぎないのです。

 

不倫成就の先には

 

  • 慰謝料の問題
  • 養育費の支払い
  • 家族との確執
  • 相手の子どもの件

 

など、普通の結婚とは違う困難も待ち受けています。

 

それらを一緒に二人で乗り越えていかなければならないのに、
一時の燃え上がるような気持ちで一緒になっても、
上手くいくわけがないんです。

 

従って、男性側には最低限、

 

  • 精神的に落ち着き、成熟していること
  • あなたへの揺るぎない想いがあること
  • 元の家族に対しても責任を負えること

 

など、様々なことに対して誠実に対応できる男性かどうか、
女性側がしっかりと見極めることが必要だと思っています。

 

 

まとめ

 

なんだか今日は、だいぶ言いたいことを言いました。

 

私自身も不倫の経験者なので、偉そうなことは言えません。

 

ですが、不倫成就についてはかなりの慎重派です。

 

もちろん、不倫成就されて幸せな夫婦もいるので、
それ自体は全く否定する気はないですし、
そういう相手に巡り合えたのは幸せだと思います。

 

それでも一方で、既婚の彼を手に入れることに必死になり、
結果として相手の家庭を壊すだけの人もいます。

 

したがって、不倫の恋を成就させたいと考えているなら、
男性側が本当にそれだけの人間性と覚悟があるのか。

 

また、あなた自身が一時の感情ではなく、
いかなることも彼と乗り越えていく覚悟があるのか。

 

 

一時の感情ではなく、冷静になって熟考し、
突き進むのか、やめるのかの判断をしてもらえると
いいのではないかと思います。