• 投稿 2019/05/03
  • 不倫
社内不倫をしたらクビ!?私に下された処分とその後の会社生活

こんにちは、大人の女性のための恋愛コーチ「NAO」です。

 

社内で不倫をしているあなた。

 

 

社内不倫が周囲にバレていないか気になるのと同時に、
会社にバレた時に自分にはどんな処分がくだされるのか、
めちゃくちゃ気になりますよね。

 

特に苦労して入った会社や、好きな仕事だから辞めたくない会社、
長年働いて自分なりに貢献してきた会社であればその思いも
なおさらです。

 

 

「会社、辞めさせられるかも」

 

 

そんな思いが幾度となくよぎったのではないでしょうか?

 

ここでは、一般的に言われている処分内容、

 

そして!

 

私の処分内容とその後の会社生活について書こうと思います。

 

 

私も、実際に不倫が会社にバレて(汗)、
処分を受けたので、その詳細も書きますね。

 

 

社内不倫がバレたらクビ?一般的な処分例

 

解雇・減給・停職・降格

 

 

社内不倫がバレるとクビになる。。。

 

私も始めはそう思っていましたが、一般的な会社勤めの場合、
解雇処分までされるケースは稀なようです。

 

勤務時間内の明らかな不倫行為、取引先にまで噂が広まって
会社の信用に明らかに悪影響を及ぼし損害を与えた場合など。

 

また、その職業が人の命を預かるものだった場合などは
不倫行為によって、人の命を危険にさらしたとして
解雇処分になることがあるようです。

 

また、減給・停職・降格についても同様。

 

社内の風紀を乱し、業務に支障が生じた場合、男女間で
トラブルになった場合などはこれらの処分が適応されます。

 

が、法律や労務など詳しいことは専門外なので、ご自身のケースが
深刻なトラブルを抱えている場合は、どんな処分が下されそうかは
専門家にご相談を。

 

 

左遷を含む、他の部署に異動させられる

 

 

隠し処分として多いのがこれでしょう。

 

不倫関係にある両者を遠ざけて、社内の空気を取り戻すことを
目的に行われ、異動時期に発令されることがほとんどです。

 

 

後述しますが、かくいう私が受けた処分もこれでした(汗)

 

 

このブログを読んでくださっているのは、30代くらいの
会社員の女性が多いと思うのですが、、、

 

 

間違いなく飛ばされるのは女性側ですよ!

 

 

令和になりましたが、まだまだ会社は男性中心社会です。

 

男性側に大きな非がある場合は左遷や異動という
カタチであちら側に何かしらの処分が下されると
思いますが、

 

ひっそりとバレないように気を付けて付き合っていた、
でもバレてしまった、という場合は、
ほぼ女性側が異動対象となります。

 

 

上述のような、解雇・減給・停職・降格はなくても、

 

バレた場合、「異動」は覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

 

処分されないが自主退職も

 

 

社内不倫がバレて会社を辞めるのは、クビになるからではなく、

 

自主退職に追い込まれる、

 

または

 

会社に居づらくなって自主退職を選ぶ

 

からです。

 

会社・業種によっても対応はマチマチですが、
厳重注意は受けても処分されない会社もあります。

 

 

私の知り合いの先輩カップルもまさにこのケースでした。

 

男性側が既婚者。
女性好きでしたが憎めないキャラクターでもあったため、
周りからすると「ああ、あの人だから。またやってるよ。」
という感じだったそうです。

 

社内不倫発覚後、ご本人は会社からこっぴどく叱られ厳重注意された
そうですが、これといった処分はくだされませんでした。
(その後、順調に昇進しています)

 

 

対して女性側は年下の未婚者。
彼女は周りがみんな知っている中で他の女性社員からの
厳しい目に耐えられず、正社員ではなかったということも
あったと思いますが、自主退職されたそうです。

 

 

会社としての処分が下されなくても、
無言の圧力という形で処分にも似た状況に
なることは大いにありえます。

 

どんな形であっても、なんらかの処分から免れる
ことはありません。

 

厳しいようですが、社内不倫されている方は
その覚悟の上で関係を続けるべきでしょう。

 

 

私の社内不倫の処分内容と、その後の会社生活

 

処分内容

 

 

私の場合も多くの例に漏れず、「異動」という形で処分を受けました。

 

当時、私は地方都市の支社に勤務していたのですが、
首都圏への異動が言い渡されました。

 

 

首都圏の人員が不足しており、他の地方都市からも
首都圏への異動が発令されていた時期でもありました。

 

地方の部署から首都圏の部署へ。

 

周りも私自身もその当時は「栄転」と信じて疑いませんでした。

 

 

不倫中の彼と離れ離れになる。
始めは寂しさから異動を断ろうかどうか迷ったものです。

 

 

ですが、すでに1年以上の不倫関係に疲れを感じていた私は、
新しい空気を吸いたくなり、会社の命ずるママ異動を受け入れました。

 

 

ここまで読んで頂いてお気づきかもしれませんが、
私は会社から不倫について特に注意を受けたわけではありません。

 

ですから、私自身は処分されているとは気がつかなかったのです。

 

ですが、今考えるとまさにこの異動が私にくだされた
隠れた処分だったと後々気づきました。
(同期が何人もいる中で、他の人は同じ地域内での異動は
ありましたが、なぜか私だけ転勤でした。。。)

 

もし私が異動を断ったならば、会社から異動の理由を
明確に伝えられるところだったでしょう。

 

 

逆にもし転勤のともなう異動が言い渡されていなかったら、
私はそのまま社内不倫を継続し、見かねた従業員から
告発をされ、明確な形で処分されていたかもしれません。

 

 

また、当時は優しかった女性社員、仲間も去っていき、
職場に居づらくなって自主退職に追い込まれていたかもしれません。

 

 

今となっては当時の上層部の判断に、感謝の言葉しかありません。

 

 

処分後の会社生活

 

 

 

会社より転勤を伴う異動を受けた私は、当時はそれが処分だとは
気づいていないお気楽な面もあり、新天地で張り切って仕事に
打ち込んでいました。

 

 

私が社内不倫をしていたことなど知らないメンバーと
過ごし、またその頃は地方都市に残してきた彼との
仲もギクシャクし始めていました。

 

 

だから、自分が不倫中であることなど
ほとんど気にすることもなく過ごしていました。

 

 

その後、彼との別れ、今の夫となる人との交際スタート、
同棲、同棲解消、二度目の遠距離不倫、再婚と
恋愛マスターとして経験を積んでいる最中も私は
同じ会社で働いていました。

 

★私の詳しい恋愛遍歴はこちら

【ドロドロ恋愛遍歴】この経験が私を恋愛マスターにした

 

 

その間、社内不倫していた彼の首都圏への異動、
昔の仲間の首都圏への異動が重なり、

 

どうも今まで何も知らなかった社内の人も
私と彼の噂を耳にし、関係を知っていったようです。

 

 

それでも、面と向かってその事実を
私に聞いてきいた人はいませんでしたし、
私の昇進にも特に影響はなく、仕事は順調でした。

 

 

今思えば、あれがそうかも?と思うことがありました。

 

何故か私は何もしていないのにやたらと当たりの
キツイ年上の女性社員が数人いて、

 

「なんで私は嫌われているのだろう」

 

と気に病むことがありました。

 

会社を辞めてから先輩に聞かされた話によると、
どうも私にキツくあたっていた女性社員は
私が社内不倫をしていた噂を耳にして、

 

「そんなことをする人は許せない」

 

と言っていたそうです。

 

 

まあ、、、当然と言えば当然です。

 

 

この社会の中で不倫に理解のある人の方が少数なのですから。

 

 

あとは私の知らないところで、

 

「あの子はすぐに男性に色目を使う」

「あの人ともあの人とも付き合っている」

 

など、根も葉もない噂が社内を飛び回っていたそうです(笑)

 

 

どうして私の耳には入らなかったのか、
いまだに不思議で仕方ありません(笑)

 

 

ですが、私と仲のよかった同僚、先輩、上司は
私が遊びで彼と付き合っていたのではないことを、
長年の付き合いから感じとってくれていたのだと思うのです。

 

 

だから、わざわざそんなしょうもない噂を
私の耳には入れなかったのでしょう。

 

 

そういう意味で、

 

社内不倫の代償として私は転勤を伴う異動を命じられ、
裏では破廉恥な?女性として陰口を叩かれていた、

 

というのが事実です。

 

それでも社内で大きく傷つかずに長年やって
これたのは、仕事上の成績を残していたこと、
そして周りの仲間に恵まれてきたからこそだと思います。

 

 

まとめ

 

社内不倫がバレた場合どうなるのか。

 

それは、

 

ケースバイケースでしかない

 

というのが正直な結論です。

 

 

不倫に対する会社の基本姿勢がどうか、
あなたが会社にとってどんな存在か、
彼が会社にとってどんな存在か、
周りはどういう仲間がいるか、

 

 

それによって処分の内容は大きく変わるでしょう。

 

100人いれば100通りの処分があるはずです。

 

ただ一つ言えることは、

 

 

バレて何もお咎めがないことはない

 

 

ということです。

 

それは、目に見えるカタチかもしれないし、
見えないカタチかもしれない。

 

 

だけど、必ず処分はくだる

 

 

それが、社内不倫をした代償です。

 

まずは、周りの人たちを不快にさせないためにも
自分たちの身を守るためにもバレないことが
前提ですが、もしバレてしまった場合は、、、

 

 

自分に下される処分を受け入れるしかありません。

 

 

絶対に処分を受けたくないなら、
やはり「最初から不倫はしない事」です。

 

不倫をしても、バレないと思ったら大間違いです(笑)

 

詳しくは、こちらの記事を見て下さい。