不機嫌になる男性の心理とは?地雷を踏まずに彼をご機嫌にする方法

こんにちは、大人の女性のための恋愛コーチ「NAO」です。

 

彼氏や夫の不機嫌に振り回されている人、いませんか?

 

ご機嫌に話していたと思ったら、急に不機嫌になったり。
周りには優しいのに、自分にだけ不機嫌な態度をとってきたり。

 

どうして彼が不機嫌になっているのかわからず、
ただただ時間が過ぎるのを我慢したり、

 

「彼はすぐに怒る性格なんだ」と、
半ば諦めの境地にいる人も多いかもしれません。

 

もちろん人間なので、意味もなくイライラしている
こともあるでしょう。女性の生理の時みたいにね。

 

ですが、意外と女性の一言で男性が急に不機嫌に
なることも多い
のです。

 

自分のご機嫌くらい自分でとってよね(怒)
というのが本音ですが、彼にそんなことを
言っても効果はないので・・・

 

 

今日は、あなた自身の言動が彼の不機嫌を
引き起こしていないかどうかをチェック!

 

そして、男性が不機嫌になるポイントを女性側が
理解して、彼をご機嫌にさせておく方法について
書こうと思います。

 

 

【経験談】ブライダルデスクで不機嫌になる男性2パターン

 

実は私、ブライダルサロンにてお仕事をしていた経験があります。

 

やはりブライダルというおめでたいことなので、
基本的には幸せで仲の良いカップルがいらっしゃり、
男性側も終始穏やかで、大人しくされている方が大半です。

 

そんなブライダルサロンでも、
たまーに不機嫌になる男性がいました。

 

新婦さんのルンルンとした気持ちを考えれば、
「なに不機嫌になってんだ、あんた」と思っていたのですが(笑)、
不機嫌になるにも2パターンの男性がいましたね。

 

 

彼女(自分)にだけ不機嫌男

 

 

まあ、男性が段々とイライラしてくる気持ちは
わからなくもないんです。

ブライダルは女性が主役ですし、決めることも多いし、
第一男性は興味のない事柄が多いので。

 

そんなイライラの行き場がなくなって、
新婦さんが「ねーねー、このドレスどうかな?」
と聞いているにも関わらず、明らかに不機嫌な態度で
返事をしている男性。

 

そんな返事をされて、新婦さんしょぼん・・・みたいな。

 

プランナーとしては一番焦る瞬間です。
やばい、なんとかこの場を盛り上げねば!
男性にあれやこれやの手段を使って話しかけます。

 

結果、新婦さんには不機嫌でも、
スタッフにはきちんと受け答えされる方が多いです。

 

新婦さんに対して不機嫌なままなのに、
他人には普通に受け答えができる。

 

これがどうして起こるかと言いますと、
「甘え」「安心」です。

 

  • 素のままの自分を見せても大丈夫
  • 彼女であれば自分のことをわかってくれる
  • こんなことで人間関係が壊れることはない

 

他人であるスタッフには世間体もあるので
気を使えるのですが、パートナーである
あなたにはそこまで気を使わなくていいと
思っています。

 

ある意味、あなたのことを信頼しているからこそ
不機嫌を出してしまうこともあります。

 

こんな時は、過剰に反応せず、その場はいったん
「あー甘えてるんだな」と受け流すのがベスト。

 

しかしながら、今後いいパートナーシップを築いて
いきたいなら、そのまま我慢していては、
あなたが疲れるだけです。

 

それに、彼も自分があなたに甘えていることに
気づいていない可能性が大です。

 

もし彼があなただけに不機嫌を見せてくる場合は、
自分が、そういう態度を取られて傷つくこと、
悲しく思うことをはっきり彼に伝えても大丈夫です。

 

 

店員(他人)にも不機嫌男

 

 

あの手この手を使っても、こちらに対しても
適当な受け答えや不機嫌なままの男性がいます。

 

そういう男性は、断言します。
やめておきましょう。

 

人間なので、一瞬店員やスタッフに対して
適当な態度をとってしまうことはありますよね?
それは人間だもの、仕方ありません。

 

それでも、相手の働きかけに対して、
大人であれば自分の不機嫌は引っ込めるでしょう。

 

それができない男性は、残念ながら幼稚としか
いいようがないですし、あなただけではなく、
周りも不快にさせる男性には誰も近寄ってきません。

 

一緒にいらっしゃる新婦さんが見ていて可哀想でしたし、
内心「幸せなのかな、この状態で」と思っていました。

 

誰彼かまわず不機嫌をまき散らす男性に
振り回され続けるか、否かは考えたほうがよさそうです。

 

 

男性があなたの態度で不機嫌になる6パターン

 

男性でも女性でも、相手にこういうことをされたら
不機嫌になる、というポイントがあります。

 

今日は、男性が不機嫌になる女性の態度で、
代表的な6つを例に挙げてみます。

 

あなた自身が彼の地雷を踏んでいないか、
確認してみてください。

 

 

過去のことを大袈裟に持ち出す

 

 

 

女性はとにかく、昔の話を持ち出し気味です。

 

例えば彼が約束の時間に遅れた、何かをし忘れた時など、

 

「前もさぁ、すっごい遅れたよね」
「いっつも忘れるよね」

 

と、ついつい言ってしまっていませんか?(笑)

 

 

これに対して男性側は、
「今回のことと、前のことと関係ないし」
「いっつもって、いつもじゃないだろ」
と思っています。

 

 

女性に悪気はないのですが、
男性は女性ほど色々なことを結びつけて考えないので、
昔と紐づけられたり、事実より誇張されると
とても不機嫌になります。

 

もしあなたが、目の前のことだけでなく、
他のこともあれこれ引っ付けて彼に意見して
いるとしたら・・・要注意です。

 

彼に言いたいことがあるなら、目の前の出来事にだけ
フォーカスして話すほうがよいです。

 

 

何が言いたいのか、わからない

 

 

女性は感情を共有したい生き物。

 

対して男性は、「情報」をやり取りしています。

 

女性の場合は、「今の私の気持ちを理解して」
と思っているので、とにかく話の道筋なんか関係なく、
自分の気のすむまで話続けます。よね?(笑)

 

対して男性は、感情よりも、事実や情報を
やり取りするように脳ができています。

 

また、その情報をもとに「何かを解決しなければならない」
と思っています。

 

始めこそ、「うんうん」と聞いてくれていたとしても、
女性から脈絡のない大量の情報を与えられるため、
情報を整理して自分の中で解決策を見つける
ことができません。

 

そうすると、だんだんストレスがたまってきて
不機嫌モードに突入。

 

「で、何が言いたいの?」

 

って、彼に言われたことがあなたも一度はあるはずです。

 

男女のコミュニケーションで一番難しいところです。

 

感情の爆発は、女性の友人にぶつけるとして(笑)
彼に話すときは、男性脳が受け取りやすいように、
要点を絞って話すほうがいいです。

 

 

目的を見失っている

 

 

これは、男女のショッピングの仕方を考えれば
わかりやすいです。

 

男性がショッピングをする時は
すでに目的の品物やお店があり、
わき目もふらずにその目的のための行動をします。

 

対して、女性は目的の品物やお店があったとしても、
そこに行きつくまでに、あっちのお店、こっちのお店。

目的も達成していないのに、途中でお茶(笑)

 

これが、男性をイライラ不機嫌にさせます。

 

「で?今回の目的はそれじゃないでしょ?」と。

 

男性は問題解決思考なので、
とにかく目的や問題を解決するのが先決。

 

もし彼とショッピングや何か目的のある行動をするときは、
「まずは目的のお店に行く、買い物をする」など
目的を果たしてから、他のことをしたほうが
彼の機嫌を損ねず安泰です。

 

 

批判・反抗してくる

 

 

ここは誤解ないようにお伝えしたいのですが、
女性は男性に意見を言うな、なんて時代錯誤な
ことを言う気は、サラサラありません。

 

この批判とか反抗と言うのは、
男性側が誇りに思っていることや、
専門として取り組んでいることに対して

 

「それっていまいちじゃない?」
「こうやったほうがいいよ」

 

とか言ってしまうことです。

 

男性は女性が思っている以上にプライドの
高い生き物ですので、自分がプライドを持っている
ことについて身内から意見されると、
一気にプライドが傷付きます。

 

「何もわかってないくせに、口出すな」

とさえ思っています。

 

女性側が話を聞いて欲しいだけなのに、
男性側から解決策を提示されるとイライラするのと同じです。

 

彼の専門については黙って話を聞いてあげ、
意見を求められた時にだけ、答えることで、
彼の不機嫌は回避することができます。

 

 

尽くされる

 

 

女性はついつい、やってしまっている人が多いと思いますが、
実は男性は女性に尽くされて嬉しいのは始めのうちだけです。

 

男性の基本的な性質として

  • 褒められたい(尊敬されたい)
  • 頼られたい
  • お役に立ちたい

 

という大きな3つの特徴があります。

 

 

女性が男性に尽くしてしまうと、
この3つすべてが奪われることになります。

 

なんでも女性側が先回りしてやってしまうので、
「自分は頼られていない」気分になり、
やれることがないので「お役にも立てず」、
お役にたたないので、「褒められる」こともありません。

 

 

不機嫌になって当たり前の状況になってしまいます。

 

男性に尽くしがちな方は、思い切って尽くすのをやめると、
彼の不機嫌が治ります。

 

 

常に確認が入る

 

 

女性は「人とのつながり」を求めるので、
自分には悪気はなくても、以下のような行動は
男性を不機嫌にします。

 

  • 頻繁にメールをする
  • 毎日の行動を聞く
  • いつも一緒に居ようとする

 

女性としては相手が好きなので、
ついつい相手の行動を知っておきたい、と思います。

 

しかし男性からすると束縛されているような気になり、
不機嫌の原因になってしまう。

 

彼への監視も、ほどほどにするように心掛けたいものです。

 

 

彼をご機嫌にしておくための心構え

 

 

女性も男性も、個性があるので全員が全員、
上記のことで不機嫌になるわけではありません。

 

ですが、男性の大きな傾向を押さえておくことは重要です。

 

まずは、先ほどの基本を押さえて、
彼を不機嫌にさせる行動はやめておきましょう。

 

それをやめるだけで、彼も不機嫌にならないし、
あなたも不機嫌な彼を見て傷つくこともありません。

 

ここでは何も、男性を立てたほうがいいとか、
女性が我慢すればいいということではなく。

 

互いの違いを知って、気づいた側から意識を
変えていくことで、相手が変化する、ということです。

 

無理矢理相手を変えようとしても他人は変えられませんが、
自分が変わることで、相手が変わることは大いにあります。

 

彼をご機嫌にしておくのも、不機嫌なままにしておくのも、

 

「あなたの行動次第」

 

だと言えます。

 

 

まとめ

 

いつも思うのですが、男性と女性って同じ人間なのに、
本当に考えていることが全く違う。

 

有名な恋愛書籍の言葉を借りるなら、

 

「男は火星から、女は金星からやってきた」

 

というくらいに、違う生き物です。

 

ですが、火星人は自分から金星人を理解しようとはしません。

 

なぜってそれは、火星人はプライドが高いので、
金星人のことを「わかってない」とは思っていないからです(笑)

 

それでは、男女のコミュニケーションはいつまでたっても変わりません。

 

したがって、コミュニケーションという意味では、
男性よりも能力の高い女性側から賢く歩み寄るしかない、

と私は思います。

 

こういうことを言うと、「テクニックみたいで嫌だ」
という方もいますが、仕事も勉強も恋愛も大差ないというか。

 

何かを上手くやるには勉強が必要だし、基本が大切だし、
実践してみないと結果はわからないし。

 

もし彼が不機嫌になって、喧嘩にまで発展してしまう場合は、
以下も参考にしてみてください。

夫婦喧嘩で謝りたくないあなたに朗報。謝らずに仲直りできる方法。