• 投稿 2019/07/29
  • 不倫
【不倫の嫉妬で苦しいあなたへ】これ以上、嫉妬深い女にならない方法

こんにちは、大人の女性のための恋愛コーチ「NAO」です。

 

 

私も不倫の恋をしていた時は、
「嫉妬」の感情に振り回されてしまい、
ひとりで悩み苦しみ、結構疲弊していました。

 

 

始めは楽しかった不倫の恋も、時間が経つにつれて、
自分の中にドロドロとした、自分では見たくない感情が
渦巻いていました。

 

 

特に、休日に手をつないで楽しそうにしている
カップルを一人で見るのが辛かったのを覚えています。

 

 

あなたも、そんな嫉妬の感情に
押しつぶされそうになっていませんか?

 

 

彼が自宅に帰って行く時に感じる、
奥さんに負けたくない、といった嫉妬。

 

友達が結婚していく、幸せな姿を見ての嫉妬。

 

休日に楽しそうに過ごす、
子ども連れの家族を見ての嫉妬。

 

 

自分の中に、こんなにも嫉妬の感情があったのかと、
逆にビックリしてしまうほどですよね。

 

 

嫉妬の感情は苦しいので、なんとかやめたい、
と心の中で格闘していると思います。

 

 

結論から言うと、嫉妬はなくならないし、
嫉妬をなくす手軽な方法なんてありません。

 

 

でも、「嫉妬」の感情と上手に付き合って、
あなたがこれ以上嫉妬深い女にならない方法ならあります。

 

 

是非、以下を読み進めてくださいね。

 

 

そもそも嫉妬とは、ネガティブな感情ではない

 

 

「嫉妬」=「感じちゃいけないもの」

「嫉妬」=「醜い感情」

 

「嫉妬」をネガティブな感情だと思っている人が
多いと思うのですが、それ、勘違いです。

 

また、嫉妬の感情は、不倫の場合は奥さんや、
幸せなカップルに対して感じてしまうわけですが、

 

「嫉妬」を自分以外の相手に対して感じるもの、
というのも勘違いです。

 

 

実は私も随分長い間、ずっと勘違いしてました。

 

じゃあ、「嫉妬」って一体何なの?と知りたくなりますよね。

 

 

シンプルに表現すると、以下のようになります。

 

●嫉妬とは?

 

自分が欲しいモノを、相手が持っている時に起きる感情

 

 

自分が何か欲しいなって思う感情、醜いですか?

何か欲しいと思ってはダメなの?

相手を憎む感情かしら?

 

そんなことはないですよね。

 

「嫉妬」という言葉のイメージが悪いと思うのですが、

「嫉妬」は別の表現にするとこんな感じです。

 

●いいなぁ
●羨ましいなぁ

 

どうですかね?

別にそう思うことに、善悪はないと思いませんか?

 

相手も関係ありませんよね。

 

 

「自分の欲しいものに、自分で気づいた」

 

 

これだけです。

 

 

なので、「嫉妬深い性格」なんていうのもありません。

 

強いて言うなら、

欲しいものが、人よりめっちゃたくさんある人

というだけです(笑)

 

 

「嫉妬」の正体がわかったところで、
次を読んでいただくとわかりやすいと思います。

 

 

「嫉妬でおかしくなりそう」になる理由

 

 

不倫の恋をしていると、どうしてこんなに
嫉妬で苦しまなきゃいけないんだろう・・・

 

と、本当に疲れてきてしまっていると思います。

 

 

できれば、

 

  • もう「嫉妬」を感じたくない
  • 「嫉妬」をやめたい
  • 「嫉妬」しない方法が知りたい

 

そう思いますよね。

 

 

でも、先ほどあなたは「嫉妬」の正体を知ってしまいました。

 

上に書いた「嫉妬」の苦しみを置き換えてみますね。

 

 

できれば、

 

  • もう「欲しいもの」なんてなくなればいい
  • 「欲しがる」のをやめたい
  • 「欲しいもの」をなくす方法が知りたい

 

と言っているのと同じです。

 

 

見ていて、辛くなりませんか。

 

 

欲しいものを欲しいと言えない。
欲しがってはいけない。
欲しいものをなくそうとしている。

 

 

不倫の恋の場合、既婚の彼自体には嫉妬しませんよね。

 

彼の奥様に対して。
結婚していく友達に対して。
街の幸せな家族を見て。

 

あなたが、彼らを見て嫉妬するのはどうしてですか?

 

そこに、あなたの欲しいものがあるからじゃないですか?

(ここではあえて書きませんが、欲しいものは「彼」ではないです。)

 

 

でも、それを願っちゃいけない、願っても叶わない、
自分を殺して願いを消してしまいたい。

 

常に自分の感情を押し殺そうとしているのですから、

「嫉妬でおかしくなりそう」になるのは、ある意味当然です。

 

 

嫉妬を感じた時の対処【2パターン】

 

 

人は「嫉妬」を感じると、次の2パターンに行動が分かれます。

 

あなたがどちらに行きたいか、考えてみてください。

 

 

嫉妬の感情をプラスに操る

 

嫉妬の感情をプラスに持っていける人はこんな人です。

 

  • 欲しいモノに蓋をしない
  • 欲しいモノが自分に足りていないことを受け入れる
  • 欲しいものを、自分の手で取りに行く努力をする
  • 欲しいモノを持っている相手のことは気にしない

 

すなわち、自分の欲しいものに集中して、行動できる人。

 

ということですね。

 

 

嫉妬の感情をマイナスに引っ張る

 

マイナスに引っ張る人の方が多いと思います。

 

  • 欲しいモノに蓋をする
  • 欲しいモノが自分に足りていないことを受け入れない
  • 欲しいモノを自分で取りに行く努力をしない
  • 欲しいモノを持っている相手のことばかり気になる

 

 

今、日本でも問題になっていますが、
すぐに辛辣に人のことを批判する人たちがいますが、
ほぼ、こういう気持ちの持ち主ですね。

 

 

例えばですが、「ホリエモン」が金の亡者だ!
お金がすべてではないんだ!何様だ、あいつは!
みたいに叩かれますよね。

 

 

本当は、お金が欲しいんです(笑)
でも、お金のない自分を受け入れられないから人を攻撃する。
それをモチベーションにして頑張ろう、とはならない。

 

 

不倫も同じ。
めっちゃ叩かれます。
でも、みんな本当は浮気・不倫したいだけ(笑)
そんなのどうでもいい、と思っている人は叩いてもきません。

 

 

だから、不倫しているあなたを叩いてくる人のことは
基本無視しておいていいです。

 

 

と、話がちょっと脱線しましたが、、、

 

 

「嫉妬=欲しいモノ」から目を背けて、受け入れるのが怖くて、
本当に自分の欲しいモノを捨ててしまっていいのか?

 

ということです。

 

 

そして、ずっと人を羨んで、妬んで生きていくの?

 

 

これ以上嫉妬深い女にならないための方法

 

 

「嫉妬」に振り回されるのは、しんどいですよね。

 

私は、今はもう恋愛系の嫉妬はないですが、
他は色々あるので(笑)、嫉妬深くならないように
気を付けています。

 

嫉妬深い女になりたくなければ、参考になると思います。

 

 

「嫉妬」の感情を明確にする

 

まず紙に、

 

・自分の嫉妬の対象
・嫉妬している中身

 

をできるだけ細かく書きます。

 

 

書くことによって得られる効果は

 

  • 自分の欲しいモノに蓋をしない
  • 自分に足りていないものを受け入れる

 

です。

 

 

次に、「欲しいモノ」がどうなれば嬉しいか、
具体的に書きます。

 

書くことによって得られる効果は

 

  • 欲しいモノを得るための、具体的な行動を起こせる
  • 行動すると、自分のことに集中できる

 

です。

 

 

「嫉妬」の感情をプラスに操れるようになれば、
これ以上嫉妬深くなって、嫉妬に振りまわされる
心配はありません。

 

 

「嫉妬」する対象に近づく

 

また、「嫉妬」する対象に近づくのも効果的だそうです。

 

何かで知ったのですが、成功者の近くにいると、
近くにいない場合よりも「2.7%」効果が伝染するそうです。

 

私は今、ちょっと太ってきたので、太っちょさんの
近くにいるよりは、スレンダーな人の近くにいたほうが、
「2.7%」多く影響を受けて、痩せやすくなる、
というわけですね(笑)

 

 

「嫉妬」の対象の近くにいるのは、すこーし複雑ですが(笑)
それも許容できる人間でいたいものです。

 

 

まとめ

 

いつからこんな周りに嫉妬ばかりする自分に
なったんだろう・・・

 

こんな自分嫌だな、苦しいな、と思っていませんか?

 

もし「不倫の恋」なんてしなければ、
奥さんに嫉妬することも、友達に嫉妬することも、
街にいるカップルに嫉妬することもなかったかも。

 

でもそれは、自分がその恋を選んだんだから仕方がない。

 

 

けれど、その不倫の恋を通して、あなたが本当に欲しかった
ものが見えてきているってことでもあるんです。

つまり、欲しいモノが見えてきているのに、
その感情に蓋をしたり、見ないフリをしたりして、
我慢しているから感情が暴れだしているだけ。

 

 

もう、欲しいモノを我慢しなくてもいいんです。

 

欲しいモノは、欲しいって言っていい。

 

私と一緒に、自分の中にある「欲しいモノ」を
掘り起こして、未来を掴みに行きませんか?

 

 

欲しいモノが手に入っている未来を思い描くことから始めましょう♪

無料相談はこちら。